学会報告

第25日本臨床モニター学会終了して

 4月18・19日の両日、月山の雪と天童の桜が見事に対照的な色彩を見せた初春に第25回日本臨床モニター学会を山形大学医学部麻酔科学講座で開催しました。テーマは「温故知新」でした。すでに本学会を奥秋晟福島県立医科大学名誉教授が始められて、4半世紀がたちました。開催当初、日本の医療機器、モニター等には目を見張るものがあり、諸外国をリードしている感さえありました。しかしながら、昨今の日本は海外の展示会場で、見たことないものばかりという現状です。このあたりで日本の本領を発揮して、復活させる時期かと考え、「温故知新」としました。
 学会では、最新の情報を意見交換できたばかりではなく、日本看護協会「坂本すが会長」を迎え、研究指向型の学会から、チーム医療をも視野に入れた教育と研究指向の学会へと徐々に形を変えることになりました。一般演題を始め、セミナー、教育講演、招請講演、バイタルサインセミナー、等々、600名の参加者を頂きました。
 今後、医療医学におけるモニターは確実に進歩するでしょう。それにともない医療人が十分に使いこなし、読みこなせる場が必要になってきます。本学会はそのような方向性をしっかり支持していくものと確信しております。関係各位の皆様のご支援をよろしくお願いします。
 開催に当り、関係各位のご支援、ご協力を賜りました。厚く御礼申し上げます。

平成26年秋期

山形大学医学部麻酔科学講座
主任教授 川前金幸

  • 麻酔科紹介ビデオ
  • 研修医の声
  • 学術集会情報

お問い合わせ

山形大学医学部麻酔科学講座
〒990-9585 山形市飯田西2-2-2

  • TEL:023-628-5400
  • FAX:023-628-5402
メールでのお問い合わせ
麻酔科専用 Medical Board