学会報告

ヨーロッパ麻酔学会2014に参加して

5月31日から6月3日までスウェーデン、ストックホルムで開催されたヨーロッパ麻酔学会に参加しました。7000人の参加者という大きな学会でした。
私は昨年に引き続き、「ラット脳虚血モデルにおける歯髄細胞神経幹細胞投与による脳由来神経栄養因子への影響」について発表しました。
学会場では日本にはまだない新しいモニターなどの機器展示や、様々なセッション、セミナーがあり盛況の様子でした。
夏の北欧ということで、スウェーデンの気候は大変快適で素敵な町でした。
学会の際に機会をいただき、カロリンスカ大学のセルデン先生にお話を伺うことができました。スウェーデンは福祉国家として充実した福祉制度が有名ですが、それとともに税制度についても教えていただくことができました。滞在中は食事などの税率に驚いていましたが、国民の皆さんには30~60%の所得税が科せられます。しかし、教育、医療など幅広く生活が保障されているということでした。それらの保障が充実しているため彼らの生活が充実しており、医療経済の安定があるのではないかと思いました。その後、手術部を見学させていただきました。カロリンスカ大学はノーベル医学賞選考機関を有した、歴史のある大学です。たくさんの手術室、麻酔科医の先生方の様子を見せていただきしました。日本との違いは麻酔看護師などのスタッフの存在です。それぞれの専門性を生かし働くことで、臨床、研究、生活に余裕ができ、楽しく仕事ができているのだろうと思いました。
今回の学会参加で、様々な機会をいただき、たくさんのことを学ことができた。

  • 麻酔科紹介ビデオ
  • 研修医の声
  • 学術集会情報

お問い合わせ

山形大学医学部麻酔科学講座
〒990-9585 山形市飯田西2-2-2

  • TEL:023-628-5400
  • FAX:023-628-5402
メールでのお問い合わせ
麻酔科専用 Medical Board